神村学園高等部 武雄校舎

将来、グラフィックデザイナーになりたい!けど…

logo_aniki
成長したいと思うとき、人は悩むもんたい。
だけん、若者よ、大いに悩みんしゃい。
そん悩みに、ちょっとヘンな「アニキ」が
ホンネと佐賀弁で答えてやるたい。
ホンネやけん、内容は辛口たい。それでもよかったら、
問い合わせメールから、どんどん送っちくれ。

icon_q将来、グラフィックデザインのデザイナーになるのが私の夢。
だから、高校卒業後は、その勉強ができる大学や専門学校に進もうと思っています。
でも最近、この業界は、才能や感性がものを言うところだと気づきました。

デザインは好きだけど、私に才能やセンスがあるのか自信がない。好きなことを学ばせてくれる両親
に、できるだけ経済的な負担はかけたくないので、アルバイトもがんばらなくちゃー。
あ~、不安がいっぱいの高校二年生です。(福岡市 marimo)


icon_a
おまえにデザインの才能があるのかどうか、それはやってみらんとわからん。当たり前のことやけど。たしかに、やってみて才能がないことがわかったときのことを思うと不安になるおまえの気持ちもわかる。

ばってん、好きやったら、飛び込んでみてもよかとオレは思う。
商業デザイン、つまり広告デザインの世界でいうと、いちばん大事なのが、デザインの仕事が好きかどうか、ということたい。この業界は、デザイナーだけでもっているわけじゃなか。仕事を生み出す人がおり(プロデューサー)、それをとりまとめる人がいて(ディレクター)、そこから先におまえが目指しとるデザイナーやコピーライターやカメラマンがおる。だから、もし、デザイナーとしてはちょっときびしかなあ、と思うても、働く場はいくらでもある。

そこで共通しとるのは、デザインが好きかどうか、デザインのことがわかっとるかどうか、ということたい。
だけん、今、おまえがやることは、自分に才能があるかどうかで悩むことじゃなか。デザインが好きかどうか、そのデザインについて誰よりも学ぶ覚悟があるかどうかを自分に問うことたい。
親に負担をかけたくないというおまえの気持ちもわかる。しかし、アルバイトで時間をとられて勉強がおろそかになったり、無理して体をこわしたとなったら、親は悔やんでも悔やみきれんもんたい。ここはしっかり親の世話になっとけ。そして、イキイキした顔で働くことで親孝行ばせれ。以上たい。

関連記事