神村学園高等部 武雄校舎

★レポート★ 自衛官のお話を聞きました

私たちの記憶にも新しい、
東日本大震災と熊本地震。
6/22(木)の講演会は
海上自衛官と航空自衛官の方をお招きし、
災害があった時に自衛官として
どんな活動をされているのかを
お話ししていただきました。

まず、被災したことで当たり前の生活が
困難になってしまった人たちのために、
お風呂やごはんの用意、
衣類などの防寒具の支給など、
生活支援を行います。
その他にも、人命救助や復旧作業など
様々な面から援助業務を行うほか、
被災者からの相談受付など
多岐にわたって活躍されていました。

見せていただいた写真の中で、
校庭に大きな文字で
「ありがとう」と書かれたもの、
感謝の言葉がぎっしり書かれた
寄書きがありました。

自衛官の方も、
「このような言葉を頂けるのは
本当に嬉しいです」
とおっしゃっており、
懐の深さや優しさを
感じることができました。

生徒たちも真剣なまなざしで
話に聞き入っていました。

神村学園高等部 武雄校舎

 

関連記事