神村学園高等部 武雄校舎

★レポート★ プロジェクト授業~マンガ家体験2~

 

神村学園高等部 武雄校舎のみなさん、
「オノマトペ」という言葉を知っていますか?

6月2日(木)に行われたマンガ家の先生による
プロジェクト授業で使われた言葉です!

「オノマトペ」とは
擬音語や擬声語、擬態語などのことを指す言葉で、
日本のマンガでは当たり前のように使われているそうです。

例えば、「シーン」や「ガーン!」「ドン!」という
言葉をマンガの中で見たことはありませんか?
キャラクターの動きに臨場感を与えてくれる、
とっても重要なものなんです。

生徒にはちょっぴり難しかったのか、
みんな頭を悩ませていましたが、
「ニコッ」や「ニマ~」「ムスッ」など、
様々な答えがあがっていました。

さらに、今回嬉しかったことが1つ!
自分で描いたイラストを
持ってきてくれた人がいました!

マンガ素人のスタッフには
驚くほど上手に見えたのですが
講師の方からは色遣いなどのアドバイスを頂き、
生徒もとても納得した様子でした。
1人ではわからなかった課題に
プロの先生の言葉で気付くことができ、
とても収穫のある授業となったようです。
将来が楽しみですね!!

「もっと絵が上手になりたい」という人は、
今回みたいに自分の作品の持ち込みも大歓迎ですよ!

マンガやイラストを描くことに
興味があるという人もぜひ参加してくださいね。

次回は、7月6日(木)に開講されます。

神村学園高等部 武雄校舎

 

関連記事